大会ゲストのご紹介

原田拓(はらだたく・通称 たくプロ)プロマラソンランナー

[プロフィール]

生年月日:1984年1月16日

出身校:国士舘大学

 

ランニングスクールFROG代表・2012、2014年JALホノルルマラソン日本人1位・2015年公認トレーナー


国士舘大学時代はチームの主軸として箱根駅伝出場、ニューイヤー駅伝では、エース区間の4区を走る。

ハーフマラソン公式タイム 64分19秒の記録を持ちアメリカ・ボルダーボルダーでは日本代表として活躍。

2010年~2011年には、マラソン・ロンドン五輪代表の藤原新選手のトレーニングパートナーとして寝食を共にし、孤独に挑戦していた彼を支え、ロンドンへの道を開く。

原田の卓越したランニング理論は日本代表クラスの一流選手からも「自分以上に自分の事をわかっている」と支持され練習プログラムやコンサルティングを提供している。

JALホノルルマラソン2012・2014日本人1位、2015年は大会公認トレーナーとして日本からホノルルマラソンを目指すランナーをサポートしている。

誰でも分かりやすい『プロ流マラソントレーニング』には定評があり、スクール受講生はのべ3500名を超える。

「ケガが無くなった」「走って人生が変わった」と多くの市民ランナーから支持されている。


2017年4月には、名古屋ランナーの聖地である『名城公園』に、名古屋市がランナーのサポート施設としてランニングステーションなど併用して新設した「tonarino トナリノ」に移転。

名城公園でランニングフォームやトレーニングを習える!

とキッズから、運動不足な方の初心者ランニングをサポートして話題になっている。